日別: 2018年1月3日

さぶたいとる

2018年1月3日(水曜日)

事の始まり・・・(妊娠までのストーリー①)

1年の始まりということで、そもそもなぜイルカの人工授精に取り組むことになったのか。

 

イルカの導入(イルカの飼育頭数を増やすこと)について本格的に議論を開始したのは平成28年です。

 

イルカを導入する方法は3つ。

 

・和歌山県太地からイルカを購入する

・他園館から購入や借り受けを行う

・繁殖する

 

それぞれにメリット、デメリットがあり、どれで行くか、非常に悩ましいところでした。

 

海きららでのイルカ飼育方針は、

「イルカにとって楽しい時間をつくり、海きららをイルカにとって楽しい場所にする」

イベントやショーを組み立てるときも、やろうとしている企画が「イルカにとって楽しいものなのか」を意識しています。

 

イルカの導入についても、今飼育しているナミとニーハにとって一番良い方法を選択しよう!

 

人間側の勝手な考えではありますが、

動物は、交尾し、出産し、子育てをしたいという欲求があるのではないか。

ナミとニーハも本当は子育てしたいのではないか。

であれば、ナミとニーハに子育てさせてあげたい!

 

ということで、繁殖を第一選択とすることになりました。

しかし、協議の結果諸事情から、繁殖に挑戦できるのは平成29年度だけ。

平成30年3月末までに繁殖の目処が立たなければ、太地町から購入する。

 

繁殖には自然繁殖と人工授精があります。

まずは、自然繁殖を試し、ダメだった時には人工授精にチャレンジ、という方針です。

 

 

イルカの繁殖は非常に難しいんです。

流産や死産が多く、出産までたどり着いたとしても、育児放棄や授乳失敗、仔の感染症など多くの難関が待ち受けています。ましてや人工授精となると、受精・妊娠する確率もかなり低くなります。人工授精で妊娠し出産に成功しているのは日本で2例のみ、高度な技術を必要とします。

 

それでも繁殖を選択したのは、

繁殖がナミとニーハにとって一番良いと判断したからです。

やるからには、なんとしても繁殖させたい。

 

 

タイミングを同じくして、イルカプールの内側の塗装が劣化してきており、塗り直しが必要でした。プール塗装のためにはナミとニーハを一時的に搬出する必要があります。繁殖能力のある雄イルカを飼育している施設にナミとニーハを輸送し、自然繁殖をねらい、その間にプールの塗装工事も行うことに。

 

条件に合う施設が、大分県にある「つくみイルカ島」でした。

そこで、ナミとニーハを大分県の「つくみイルカ島」まで輸送することにしました。

 

続く・・・。