イルカ日記 Month: 5月 2019

さぶたいとる

2019年5月30日(木曜日)

ゴミ、0の日

今日5月30日は、ゴミ、0の日だそうです。
知っていた方、いらっしゃいますか?
私は、調べるまで全く知りませんでした(笑)

 

 

今回は、当館のイルカトレーナーの悩みごとを書きたいと思います。
その悩みごととは、イルカプールに入る落ち葉です。

 

当館は、九十九島の海に隣接しており、とても自然豊かな場所にあります。
青い海、緑の森の絶景が、イルカプールから見えます。

 


(イルカプールから見える自然)

 


(トレーニング中)

 

ところが、風が強い日などは、落ち葉がイルカプールの中に入ってしまいます。
そして、なんとその落ち葉をイルカたちは食べてしまいます。

 

魚を食べるイルカたちにとって
落ち葉を食べるのは、もちろん身体によくありません。泣

 

我々トレーナーは、何とか食べられるのを防ごうと
プールの中や周りに落ち葉やゴミが落ちていないか
毎日チェックを欠かせません。

 

イルカたちに健康に長生きしてもらうために
イルカプール、プール周りのゴミ0を目指し、今日も落ち葉を拾います!(笑)

 

 


(ニーハ、アイル親子)

 


(ナミ)

2019年5月27日(月曜日)

夜間のイルカたち パート3

夜間のイルカたち、第三弾です(第一弾第二弾)。

 

現在アイルの治療に伴って
夜間ニーハ親子の観察を行っています

 

そんな観察中の親子の様子は…

 

 

お互いに音を出しながらうろうろしたり…

 

 

アイルがよくやる遊びの1つ 
水面ギリギリに噴気孔(イルカの鼻)をつけて
ぶくぶく~っと泡を出したりしています

 

 

昼間元気にトレーニングや遊びをするニーハとナミは夜間まったりしていることが多いですが
アイルは昼間も元気、夜も元気!…な遊びたいざかりのようです。

2019年5月13日(月曜日)

ブリッジを改造しました!

改造したのは、メインプールとホールディングプールをまたぐように設置している
ブリッジです。

 

 

なぜ改造したのか、かんたんに説明すると「イルカたちがいたずらするからです」
過去の投稿などでも何度かとりあげたことがあるので、詳しく知りたいかたはチェックを。

やりたい放題エスカレート

 

 

前回の改造の成功点は、イルカたちがたのしく安全に
いたずらができるようになったことです。

 

失敗点は、使った材料(木材)が重すぎて長持ちしない、
イルカたちが遊ぶときに大きな音がでることでした。

 

これでは、イルカたちにはメリットがあるけれど、ヒトにはデメリットばかりです。
理想はウィンウィンでありたいものです。

 

これらをふまえ今回は軽量化を目指しました。
設計→試作修正設計試作修正の日々が続きました。
そしてついに、完成しました。

 

 

今回は折りたたみ式のアルミのスロープを主に使用しました。
総重量は前回に比べ、半分以下に抑えることができました。
裏にはゴムシートを緩衝材としてつけ、騒音防止・衝撃吸収の効果を期待します。

 

 

しかし、アルミと海水は相性が悪く、
もしかしたら長持ちしないかもしれないという懸念はありますが、
我々の期待通りの活躍を望みます。

 

かれこれ45回は改造を重ねていますが、
ウィンウィンを目指し、今回こそはと願うばかりです。。。

 

2019年5月5日(日曜日)

こどもの日

 今日は55日“こどもの日”でした!

 

海きららの「こども」といえば…

 

 

 

現在、治療中ではありますが、アイルも初のこどもの日を迎えることができました。
本日の体重は84.7kg!体長は3日前に測定しまして188cmでした。
生まれたころに比べたら、体重は65kg増!体長も65cm増です!

 

 

ちなみに、主役の母、ニーハはというと
こどもの日なんてそっちのけで、トレーナーと゛身体を張った゛?遊びに夢中です!

 

その名も、ランディング遊び!!

 

どんな遊びでもルールがないと面白くないですよね?
なのでこの、ランディング遊びにもルールがあります。

 

ルールはとても簡単!
イルカたちが勝手にプールに上がってきてトレーナーがイルカを押してプールに落とす!
だけです。

 

文字で書くととても簡単なんですが、これが難しい。
イルカたちを上手く押せないと、なかなかプールに落ちません。
イルカ達の体重。ニーハは261キロ。ナミは267キロ。。。

 

ステージで上手くイルカ達の身体を引いて押してあげないとプールの落ち方が
気に食わないのか、嫌がってしまいます(笑)

 

先輩トレーナーの方々は、コツを掴んでいるのかなんともスムーズにイルカは、
プールに落ちます。

 

一方、後輩トレーナーは、イルカがプールに落ちるのが何ともぎこちないです(笑)

 

 

遊びに夢中になりすぎるとアイルの世話ができなくなるのでは?
授乳はしてる?大丈夫?と気を使いながら遊ぶ今日この頃でした。