イルカ日記 Month: 10月 2019

さぶたいとる

2019年10月31日(木曜日)

ボール作りパート2

海きららのイルカたちは、プログラムやトレーニングの合間におもちゃで遊んでいますが、そのおもちゃの中でも大好きなのは“ボール”のおもちゃです。

 

イルカたちは、歯が鋭く、市販されているボールでは、簡単に割ってしまいます。

そこで、海きららでは、特殊な素材の布を使ってボールカバーを作っています。

以前紹介した、バリスティックナイロンです。防弾チョッキなどにも使用されている布です。

2019年3月30日投稿のボール作りのブログはコチラ!

 

しかし、バリスティックナイロン使用しても一カ月前後で消耗してしまいます。

ボールを作成している、担当トレーナーは、他になにか良い布はないか探しています。

 

そして最近、新しい素材の布を使用し、ボールのサンプルを作成しました。

その布はアラミド繊維でできている布です。実はこの生地、長崎支部のボートレーサーに頂き作成しました。ボートレーサーの選手の方は、プロペラなどから身体を守る為に、ユニフォームなどの下に着ているそうです。廃棄予定の生地を特別にいただきました。ご協力いただいた皆様、この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございます。

(いつもと違うカバーでお気に入り気味だったナミでした)

 

しかし、現在は早くも壊されてしまい、第2号を作成中です。試作品ボールはとても人気だったので、壊れるスピードも速かったです。そのスピードに負けないように、今日もミシンに向かうイルカトレーナーでした。

 

!!!大募集!!!

この日記を見ている方でいい素材があるよ!と知っている方がいたら「海きららイルカトレーナー ボールの生地大捜索係」までお知らせください()

2019年10月24日(木曜日)

1歳になったアイル

927日にアイルが1歳の誕生日を迎え、約1ヶ月が過ぎようとしている今日この頃。

誕生日にはお客様にたくさん「おめでとう!」と声をかけていただきました。

 

中にはケーキを持ってきてくださった方もいらっしゃいました!(スタッフがおいしくいただきました。)

 

改めて…

 

 

 

1歳になったんだなぁ…と実感。

 

思い返すと繁殖計画が始まったのは2017年。

他施設でのナミとニーハとオスイルカとのお見合いからでした。

そのときは妊娠ならず、海きららで人工授精に取り組み201711月にニーハの妊娠を確認。

エコーでの経過観察も順調で無事、2018927日に産まれました。

 

 

産まれてから1年経つまでは順調ではありませんでした(汗)

 

感染症のため治療をしたり、

吻先を怪我してしまい、毎日治療を行ったりと

けっこう(と言うか、かなり?)バタバタでした(^^;

 

治療中は観覧制限をさせていただくので、

みなさんの協力とご理解がないと出来ませんでした。

この1年はイルカの観覧を中止していたこともしばしば。

プログラムも長らくお休みさせていただきました。(20198月からプログラムは再開しました)

 

みなさんのご協力のおかげで続けることが出来たアイルの治療。

私たちが言いたいのは…

無事に1歳を迎えたのはみなさんのおかげです!

本当に本当にほんと~~~~っっに、ありがとうございます!

 

そしてお母さんのニーハ。

1年、お疲れ様でした。

最初はアイルにずっと付きっきりだったニーハも

今ではだいぶ余裕が出たようです。

 

一緒にアイルを子育てしたナミ。

ナミも人工授精により妊娠していましたが、昨年11月、残念ながら死産。

その後はアイルの乳母さんとして

授乳をしたり、アイルに寄り添って泳いだりと、

ニーハの育仔(いくじ)を、かなり助けてくれていました。

 

2頭の育仔(いくじ)、ばっちりでした!

 

 

 

1歳になり、出来ることが少しずつ増えているアイル。

最近体温測定が出来るようになり、きらら広場の入り口に新しくアイルの名前が加わりました♪

 

現在はジャンプの練習や、採血や体重測定など体温測定以外の健康チェックも練習中です。

 

 

最近測定した3頭それぞれの体重は、

ナミ255kg、ニーハ245kg、アイル109.3kg10月測定)

 

大人のナミとニーハに比べればまだまだ小さいアイル。(当たり前ですが…)

1歳の誕生日は区切りでしかありません。私たちは、イルカ達が楽しく長生きできる環境を作っていくことです。アイルにとって楽しいことを多く見つけてきたいと思っています。

 

アイルも1歳。ニーハもお母さん歴1歳。スタッフも子イルカ飼育経験1歳。

今後も気を引き締めて取り組んでいきますので、引き続き温かく見守ってください♪

 

カメラロールのケーキの写真を眺めながら、改めて皆さんへの感謝をかみ締めたスタッフからでした♪