イルカ日記

さぶたいとる

2020年1月28日(火曜日)

ナミとニーハ 新種目披露に向け大奮闘中!!

今、ニーハとナミは頑張って練習している新しい種目があります。

どのような種目かは、あえて詳しくは言いませんがとにかく超…いや激ムズな種目です!

その新種目、イルカの体調や環境などで、いつ完成するかはわかりません。

しかし、皆さんにプログラムで見てもらい、たくさんの拍手がもらえることを目標に頑張っていきたいと思います。

激ムズ種目、皆さん気になりますよね^^;

実は、「イルカのプログラム」の合間におこなっているトレーニングの時間内に猛特訓しています。

トレーニングの時間は不定期で、実施している内容も健康チェックや

プログラムで披露している種目の修正、そして新しい種目の練習、

といった感じで毎回異なるので、必ず見ることはできないかもしれませんが、

プログラムとは違う目線で温かく応援していただけると、とても楽しいのかなと個人的には思います!

アイルも新種目に挑戦中なので、引き続きナミとニーハ、アイルを応援してください!!

 

2020年1月15日(水曜日)

イルカ達の健康チェック

 

海きららでは月に一回、イルカ達の健康チェックにあることをしています。

 

採血です。

 

イルカの採血は尾びれから採ることが多いです。

…と言うのも、胴の部分だと脂肪が分厚く採血が困難だからです。

  • 尾びれ採血中

※だいたい、黄色矢印の先端に血管が通っています。

 

 

イルカに協力してもらい採血はしています。

しかし!以前人工授精のときにも話が出てきましたが、(2018.1/26イルカ日記)

イルカ達、とっっっっっっっっっ………っても採血が苦手です。

 

なので1ヶ月かけて採血に協力してもらえるようトレーニング(練習)をしています。

 

トレーニングでは本物の採血道具を持っていき、

「今日採血しますよ(・з・)」という雰囲気の中、刺すふりをします。

それでじっと出来ていたらお魚をたくさんあげて褒める。

 

それだけです。

 

それだけなんですが…。

これ、シンプルに難しいんです。

イルカ達は採血が嫌なとき体のどこかが力んだり、小さく音を出したりします。

うっかり練習のときにこれを見逃すと…

「今日は本当に刺しますよ(・з・)」と、針を刺すとき

いやーーーーー!!と尾びれを振ってしまいます。

暴れるイルカから無理に採血は出来ません。

イルカもトレーナーも危ないからです。

こうなるとトレーニング失敗。

 

なので、採血担当のトレーナーは日々採血トレーニングをしながら

力んでない?音出してない?など目を光らせているのです!

 

ちなみに採血本番の手順は…

 

イルカにサインを出す。

  • サイン出し

 

イルカが尾びれを持って来る。(トレーニングが上手くいってれば)

  • 尾びれキャッチ

 

尾びれの裏から採血するのでくるーっとひっくり返ってもらう。

(トレーニングが上手くいってれば)

  • ひっくり返す

 

乾綿で海水を拭いて、アルコールを含ませた乾綿で消毒。

(トレーニングが上手くいってれば)

  • 乾めんアル綿

 

狙いを定めて血管に針を刺す。(トレーニング以下略)

  • 刺す

 

あとは必要な血液量がとれるまでじっと我慢。

最後に止血をして軟膏を傷口に塗れば終わりです。

 

ここまでして月に一回採血をするのは、

感染症にかかっていないか、出血の可能性はないか、

肝臓の数値に問題はないか…などたくさんのことを把握し、

異変にすばやく気づいて病気の初期症状で治療をするためです。

 

 

そんなわけで欠かせない採血ですが、重要なだけにトレーナーは毎回

心臓が出るくらい緊張します。なんなら胃も出そうです。

 

健康を守るための採血に、今月も協力してくれるよう

みなさん、採血を頑張るイルカ達(…と、ド緊張ぎみのトレーナー)

への応援をおねがいします。

2019年12月18日(水曜日)

ナミとニーハとおもちゃとアイル

九十九島水族館では、イルカ達にトレーニングやプログラム以外の時間を楽しく過ごしてもらえるように“おもちゃ”を作成しています。

このイルカ専用のおもちゃはトレーナーの手作りで、お客様やイルカ達に危険がないように作成しています。

イルカ達が遊びたくなる・お客様が見ていて楽しいと思っていただけるようなおもちゃ作りを心がけています。

おもちゃで使用しているフロートなどは、推定14歳のナミとニーハが飲み込まない大きさの物を入れています。

去年生まれたアイルに合わせサイズで作成してしまうと、ナミとニーハには小さいため飲み込んでしまったり、
プールの外へ飛ばしてしまい、お客様やスタッフが危ないので入れていません。

生まれた当初は、アイルをビックリさせないように、ボールやフロートと短いホースなどで出来たおもちゃなどから入れました。

ナミとニーハには子育ての合間のひと時に、ゆっくりする以外にも、おもちゃで遊ぶという選択肢を提供したかったからです。
(子育てに影響が出ないよう注意しました。)

1歳になったアイルは、ボールを咥えて泳いだり、黄色い浮きとホースでできたおもちゃを咥えて遊んだりできるように、
体の成長と共に遊びのバリエーションも増えてきました。

しかし、そんなアイルがまだ慣れないおもちゃがあります。それは、塩ビパイプを使用しているおもちゃです。

このおもちゃ、実はナミとニーハには大人気!

ナミとニーハがこのおもちゃで遊んでいるときは、

おもちゃの動向を伺いつつ、ニーハのお腹の下に隠れたり、おもちゃと離れた場所で遊んでいます。

トレーナーの心境としましてはとても複雑。ナミとニーハには楽しい時間を提供したい!けど、アイルには気の毒。

アイルには申し訳ありませんが、1日でも早く慣れてくれることを期待して、今日もプールに入れています。

おもちゃは30種類くらいあり、怖いおもちゃばかりを入れている訳ではありません。

もちろん、大好きなおもちゃもあります。それは、エイの形をしたおもちゃです。
製作者いわく“マンタ(正式和名:オニイトマキエイ)”らしいですが、魚類担当のスタッフが見たら、なんともいびつ。
ヒレがトビエイのようだとか、尾部が変とか、多めに見てください。アイルはそんなエイのおもちゃが大好きで、
水流に流されるエイに引っ付いて泳いだり、咥えて一緒に潜ろうとしたり、様々な行動が見受けられます。
海洋生物を模したおもちゃは他にもありますが、それは是非来館されたときに見ていただけたら幸いです。

 

追記~スタッフが撮った奇跡の1枚~

仕事中に館内を歩いていると、生き物の写真を撮っているお客様がたくさんいます。

めちゃくちゃかわいい写真を撮っていただきたいです。

そして全国に当館の生き物の良さを広めていただけると嬉しいです。

私たちも頑張ります。カメラの勉強頑張ります。

そして今回は、「素敵な写真」を撮りました。

(撮ったつもりです笑)

見てください!

 

 

カメラ素人ながらキュートな写真が撮れたと思っています。

水中にカメラだけを入れて撮影しているので、構図や明るさはもちろんオート!

また機会があれば、飼育員しか撮れない写真をちょこちょこあげていきたいと思います。

お楽しみに!

 

 

2019年12月10日(火曜日)

大好きなもの

最近本格的に寒くなってきましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

トレーナーとイルカ達は元気に過ごしています。

 

それはさておき、今日紹介するのはイルカ達の好きな遊びについてです。

海きららにきたことのある人は見たことがあるかもしれませんが、プール掃除でホースの水を使っているときイルカ達が水ほしさにアピールしてきます。

 

 

アイルも最初は少しびっくりしていましたが、ナミとニーハが水を口にあててもらっているのを見て一緒になって水をもらいたがって口をあけて待っています。

 

 

どうしても水が欲しいときは、ランディング(ステージにのぼって遊ぶこと)をして掃除をしているトレーナーに近づいてきます(特にアイルがやってきます!)

 

最近では特にナミがよく水をもらいにきます。今のブームは「水」なのかもしれません。

タイミングがよかったら、可愛い様子が見れますので、ぜひ遊びにご来館ください!

2019年12月3日(火曜日)

アイル、できることが増えました!

プログラムデビューを果たし、急成長中のアイル。

プログラムでご披露している種目以外にも、最近できるようになったことがあります。

 

それは…体重測定です。

まず、海きららのイルカたちの体重測定はどうやって行なっているのかというと、600kgまで測れる大きな体重計をステージに置き、その上に自分で乗ってもらいます。

簡単そうに聞こえるかもしれませんが、普段水中で生活しているイルカたちは、最初から体重計に乗れるわけではありません。体重計に乗るためにも練習が必要です。

今までアイルの体重を測る時には、アイルをトレーナー56人で持ち上げて体重計の上に乗せていました。しかし、日に日にアイルの体重が増えていき、100kg以上あるアイルを持ち上げて体重計に乗せることが難しくなってきました。

そこで、11月からアイルも体重測定のトレーニングを始めました。最初は少し伸び上がれば届くところでトレーナーが手を出して、その手に口先でタッチすることを教えます。そして、少しずつ手を出す位置を遠くしていき、体全部が体重計に乗れるように練習します。

トレーニングを始めた頃は、体重計に乗るのが怖いのか、体半分くらいしか乗れなかったり、体重計の台を見るとどこかへいってしまったりすることもありましたが、毎日トレーニングを積み重ねていき、なんと練習を始めてから3週間で体重計に乗れるようになりました。

動画は初めてアイルが自分で体重計に乗ることができた瞬間です!!

 

 

 

その場にいたトレーナー一同感動でした!ちなみにこのときのアイルの体重は114kg。体重もしっかり増えていました♪

ナミやニーハに比べると、まだまだできることは少ないアイルですが、毎日着実に成長しています。

ぜひそんなアイルの成長を見に海きららにご来館ください。

 

2019年11月18日(月曜日)

アイルが夢中な遊び♪

最近アイルがある遊びに夢中です。

 

それは…

 

 

ステージに上る、その名もランディング遊び(そのまんま)

 

ナミとニーハのランディング遊びはこちら

 

上がってきたところをトレーナーに引っ張ってもらうのはもちろん…

 

アイル1頭でもたまにステージに上って~

下りて~

また上って~をしているようです。

 

アイルがこの遊びを始めた頃は危険だと思ったのか

アイルがステージに上るとナミもニーハも威嚇音(ケンカや怒ったときに出す音)を出していました。

最近では慣れて(…と言うよりもアイルのやんちゃぶりに諦めたのか?)

遠くで見守るようになりました。

 

日々やんちゃぶりを発揮しているアイル。

ステージに上っている時は「今日はどのように遊ぶの?」

と温かく見守ってください^^

 

※プールから離れすぎて帰れなくなる可能性がありますが、遠隔のカメラでスタッフが見守っているので安心してください。その他お気づきの事がございましたら、スタッフへの連絡お願いします。

 

 

 

 

2019年11月8日(金曜日)

アイル、プログラム参加までの道のり

111日よりアイルはプログラムへの参加をスタートしました。

ぜひ、見に来ていただきたいのですが、お忙しくてご来館いただけない方や、遠方から応援いただいてる方に、どうしても報告したいと思い今回投稿します。俗にいう“ネタばれ”ですが、読み終わった後に「行きたい」っと思ってもらえると信じて日記を書きます!!

 

アイルはプログラムに向け、ジャンプの種目を2つ猛特訓しました。

1つ目は『ストレートジャンプ』です!

最初はホールディングプール(小さい方のプール)でジャンプの練習を行いました。

ターゲットという目標物を使って、ジャンプしてほしい方向や場所にヒントとして提示し、練習しました。ジャンプができたら、次にハンドサイン(手を使って行う合図)を覚えました。ハンドサインとジャンプが結びつくまでは、サインに反応できなかったり、戻ってきたりしました。なんとかサインを覚えたら、メインプール(大きい方のプール)で練習して、ナミとニーハとも一緒にジャンプする練習を行いました。現在、アイル1頭でジャンプ、3頭でジャンプをトレーニングしています。アイルだけ遅れてジャンプするなど、上手に出来ないこともありますが、温かく見守ってください。

 

 

そして2つ目は『ボールタッチ』です。

その名の通り、高いところにあるボールにジャンプをしてタッチをします。最初は、アイルの隣にある水面に浮いているボールをタッチするところから練習を始めました。少しずつ距離を離し、ボールの高さを上げました。ナミやニーハは水面から推定5m~6mの高さにあるボールにタッチをします。現在アイルは推定250cm!体長211cmなので、ご覧いただけたら一目で初々しさを感じていただけると思います。現在もボールとは明後日の方向に飛んだりすることがありますが、こちらも温かく見守ってください。

 

ナミとニーハもアイルに負けないくらい頑張ってます!

これからも、楽しく面白くイルカたちの魅力を発信しますので、今後とも3頭の応援をよろしくお願いします。

2019年11月1日(金曜日)

ブリッジを改造しました!パート2

昨日の投稿に引き続き“パート2”シリーズです!

まずは、こちらをご覧ください。

 

お気付きの方も多いと思いますが、イルカプールに設置しているブリッジをまた(通算6回目?)改造させていただきました!

理由は前回と同じ、イルカたちがイタズラするからです。

通常なら「イタズラできなくしてしまえ!」となりますが、

海きららでは「もっとたのしく、安全にイタズラできるようにしよう!」となるわけです。

 

 

そんなわけで、今回はプロの大工さんにお願いして新しく製作していただきました。(今までは部分的な補修・改修でした)

従来は金属製のフレームに木材をはめていましたが、フレームもすべて木製にかえました。

見た目はいうことなし。美しいです。(そう思いますよね?)

もちろん、イルカがイタズラできる仕組みは残しています。(流石の仕事ぶり)

なんと開閉部分は4つ⇒6つになりました!

さあ、生まれかわった新ブリッジの効果はいかに!!(わくわく)

どんな風にイタズラして(遊んで)くれるのか!!(ドキドキ)

ブリッジ新バージョン①

 

ブリッジ新バージョン②

 

ところが、、、、

 

イルカたち、まったくイタズラをしなくなりました。

どうやら、完全に新しくなったことがお気に召さなかったみたいです。(はあ、むずかしい)

どなたか、イタズラしているところを見かけたらそっと教えてください。。。

 

追記

アイルがプログラムデビューしました!

と言っても、出番はほんの少しだけです。しかし、この少しが大きな成長!あまり大きな声で宣伝しても、ハードルが上がってしまいアイルに申し訳ないので、追記でご報告させていただきます!ぜひ、応援しに来てくださいね!

2019年10月31日(木曜日)

ボール作りパート2

海きららのイルカたちは、プログラムやトレーニングの合間におもちゃで遊んでいますが、そのおもちゃの中でも大好きなのは“ボール”のおもちゃです。

 

イルカたちは、歯が鋭く、市販されているボールでは、簡単に割ってしまいます。

そこで、海きららでは、特殊な素材の布を使ってボールカバーを作っています。

以前紹介した、バリスティックナイロンです。防弾チョッキなどにも使用されている布です。

2019年3月30日投稿のボール作りのブログはコチラ!

 

しかし、バリスティックナイロン使用しても一カ月前後で消耗してしまいます。

ボールを作成している、担当トレーナーは、他になにか良い布はないか探しています。

 

そして最近、新しい素材の布を使用し、ボールのサンプルを作成しました。

その布はアラミド繊維でできている布です。実はこの生地、長崎支部のボートレーサーに頂き作成しました。ボートレーサーの選手の方は、プロペラなどから身体を守る為に、ユニフォームなどの下に着ているそうです。廃棄予定の生地を特別にいただきました。ご協力いただいた皆様、この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございます。

(いつもと違うカバーでお気に入り気味だったナミでした)

 

しかし、現在は早くも壊されてしまい、第2号を作成中です。試作品ボールはとても人気だったので、壊れるスピードも速かったです。そのスピードに負けないように、今日もミシンに向かうイルカトレーナーでした。

 

!!!大募集!!!

この日記を見ている方でいい素材があるよ!と知っている方がいたら「海きららイルカトレーナー ボールの生地大捜索係」までお知らせください()

2019年10月24日(木曜日)

1歳になったアイル

927日にアイルが1歳の誕生日を迎え、約1ヶ月が過ぎようとしている今日この頃。

誕生日にはお客様にたくさん「おめでとう!」と声をかけていただきました。

 

中にはケーキを持ってきてくださった方もいらっしゃいました!(スタッフがおいしくいただきました。)

 

改めて…

 

 

 

1歳になったんだなぁ…と実感。

 

思い返すと繁殖計画が始まったのは2017年。

他施設でのナミとニーハとオスイルカとのお見合いからでした。

そのときは妊娠ならず、海きららで人工授精に取り組み201711月にニーハの妊娠を確認。

エコーでの経過観察も順調で無事、2018927日に産まれました。

 

 

産まれてから1年経つまでは順調ではありませんでした(汗)

 

感染症のため治療をしたり、

吻先を怪我してしまい、毎日治療を行ったりと

けっこう(と言うか、かなり?)バタバタでした(^^;

 

治療中は観覧制限をさせていただくので、

みなさんの協力とご理解がないと出来ませんでした。

この1年はイルカの観覧を中止していたこともしばしば。

プログラムも長らくお休みさせていただきました。(20198月からプログラムは再開しました)

 

みなさんのご協力のおかげで続けることが出来たアイルの治療。

私たちが言いたいのは…

無事に1歳を迎えたのはみなさんのおかげです!

本当に本当にほんと~~~~っっに、ありがとうございます!

 

そしてお母さんのニーハ。

1年、お疲れ様でした。

最初はアイルにずっと付きっきりだったニーハも

今ではだいぶ余裕が出たようです。

 

一緒にアイルを子育てしたナミ。

ナミも人工授精により妊娠していましたが、昨年11月、残念ながら死産。

その後はアイルの乳母さんとして

授乳をしたり、アイルに寄り添って泳いだりと、

ニーハの育仔(いくじ)を、かなり助けてくれていました。

 

2頭の育仔(いくじ)、ばっちりでした!

 

 

 

1歳になり、出来ることが少しずつ増えているアイル。

最近体温測定が出来るようになり、きらら広場の入り口に新しくアイルの名前が加わりました♪

 

現在はジャンプの練習や、採血や体重測定など体温測定以外の健康チェックも練習中です。

 

 

最近測定した3頭それぞれの体重は、

ナミ255kg、ニーハ245kg、アイル109.3kg10月測定)

 

大人のナミとニーハに比べればまだまだ小さいアイル。(当たり前ですが…)

1歳の誕生日は区切りでしかありません。私たちは、イルカ達が楽しく長生きできる環境を作っていくことです。アイルにとって楽しいことを多く見つけてきたいと思っています。

 

アイルも1歳。ニーハもお母さん歴1歳。スタッフも子イルカ飼育経験1歳。

今後も気を引き締めて取り組んでいきますので、引き続き温かく見守ってください♪

 

カメラロールのケーキの写真を眺めながら、改めて皆さんへの感謝をかみ締めたスタッフからでした♪