イルカ日記 Day: 9月 18, 2018

さぶたいとる

2018年9月18日(火曜日)

もうすぐニーハ出産!! 出産兆候とは… パート②

本日でニーハは妊娠してから、ちょうど1年になりました。
ここまで胎子も大きく育ち、スタッフ一同うれしい気持ちで一杯です。

 

 

さて、前回イルカのエコーによる出産日推定と陣痛の話をしました。
今回は他の兆候の、体温低下と乳溝の幅の拡張のお話です。

 

体温は、いま平熱が36.2℃前後ですが
妊娠1~2日前に、ここから1℃低下するそうです。

 

最近の体温変化はこんな感じです。

 

 

 

 

1℃というと、結構下がりますね。

 

乳溝については、皆様覚えていらっしゃいますか?
実は1月の妊娠日記で乳溝の位置についての話がありました。

 

2018年1月24日妊娠日記

 

このときは人工授精の話で、出てきましたね。

 

 

 

長い溝(赤の矢印)が生殖孔
小さな溝(青の矢印)はおっぱい
一番左の溝(黄色の矢印)は肛門
になります。

 

このおっぱいというのは、正確には乳溝と言い
この溝の中におっぱい(乳頭)が入っています。

 

 

 

 

最近の乳溝周りの様子はこんな感じです。
だいぶしわも増えてきましたね。

 

体温低下と同じ時期の出産の1~2日前には
この乳溝の幅が5cm以上になるそうです。

 

現在は4.3cmです。

 

これら兆候については、1階アクリル横の掲示物でもご紹介していますので
ぜひご覧ください。

 

 

出産が近付きましたら、ツイッターなどSNSでの兆候の発信も考えています。
こちらもぜひご覧ください。

 

九十九島パールシーリゾート ツイッター

 

 

さて、ここでも困った点があります。
体温低下は個体差があり、全てのイルカの出産前に体温が下がるわけではないそうです。
また、乳溝の幅も出産直前に変化することなく、出産することもあるそうです。

 

 

もうどうしたらよいのか。。。