アーカイブ

さぶたいとる

2019年3月30日(土曜日)

ボール作り

当館に遊びに来た方は、良く見かける光景かも知れませんが
ニーハとナミは、よくおもちゃを咥えて泳いでいます。
水中でボールをドリブルしたり、黄色いブイを引っ掛けて泳いだり
多様な遊び方をしています。

 


(黄色ブイで遊んでいるイルカたち)

 

さて、このおもちゃは、トレーナーが考えて工夫している手作りのおもちゃです。
おもちゃ作りで大事なことは3つ。

 

  • イルカや人が怪我をしない。
  • プールや施設が破損しない。
  • プールにゴミが入っていると思われない(見た目を美しく)。

 

このことに気をつけて作っていきます。
その中で今日は、ボール作りについて、ご紹介します。

 


(ボールで遊んでいるアイル)

 

 

この黒色のカバーをつけているボール、中身はキッズバスケットボールです。
なぜ、黒色のカバーをつけているのでしょうか?

 

 

 

イルカたちがボールを壊そうとするからです。笑

 

 

 

ニーハの歯は上下合わせて81本、ナミの歯は75本です。
ヒトやイヌは尖った歯や平らな歯など、いろいろですが
ハンドウイルカたちの歯はすべて尖っており、犬歯のような形をしています。

 


(ニーハの歯)

 

市販されているバレーボールやバスケットボールをプールに入れても
この鋭い歯によって、イルカたちは簡単に割ることができます。

 

というよりも、ニーハとナミはボールを割るのが楽しいのか
ボールを入れると、全力で壊そうとします。

 


(ボールを横噛みし、壊そうとするナミ)

 

ちなみにニーハとナミ、遊びに関してはこんなこともしています。
やりたい放題エスカレート(2018年1月29日)

 

 

壊れたボールをそのままプールに入れていると、
イルカたちが間違えて飲み込んでしまう危険性があります。
そこで、すこしでも割れにくいように、黒色のカバーをつけてあります。

 

この黒色のカバーの素材は、バリスティックナイロン。
防弾チョッキなどにも使われている布です。

 

もちろん噛んでもイルカたちの歯には、問題ありません。

 

ところが、この布でボールカバーを作るのが一苦労。
イルカたちとのトレーニングの合間を縫っては、事務所でミシンと格闘し
ガタガタ言わせながら縫っています。

 

最初のうちは不慣れなだったスタッフも慣れてきて
いまではミシンと良い友好関係を築けていると思います。

 


(ミシンとボールと布)

 

まだまだアイルは、大人のイルカたちのように
ボールを咥えてトレーナーとキャッチボールすることはできませんが
激しく必死にボールで遊んでいます。

 

そんなかわいらしい姿を、ぜひみてあげてください。