アーカイブ

さぶたいとる

2019年4月18日(木曜日)

イルカと餌

4月に入り、早いもので、アイルが生まれてから6ヶ月が過ぎました。
最近行った健康チェックでは、体長185cm、体重81kgと大きくなっています。

 

 

今回はイルカたちが食べている「餌」について、ご紹介していきます。
イルカたちは、皆さんご存知の通り、魚を食べます。

 

突然ですが、体重約270kgのナミと、約260kgのニーハは、
一体どのくらいの量の魚を毎日食べているのでしょうか?

 

 

正解は、現在ナミは12.0kg。ニーハは14.4kgです。
体重はナミの方が重いのですが、食べている量はニーハの方が多いのです!
理由は、アイルに授乳をしているからです。

 

 

ナミとニーハにあげている魚の種類は
サバ、アジ、アオアジ、ホッケ、サンマ、小ニシン、大ニシン、コノシロです。

 

 

大きいニシンは、ニーハ特別メニューです。
カロリーの高い大きいニシンは、ナミにとっては高カロリーすぎるので、今はあげていません。

 

イルカたちにこんなにたくさんの種類の魚をあげているのには、いくつか理由があります。

 

1つ目、魚もそれぞれ栄養バランスが異なるので、栄養の偏りをなくすため。
2つ目、不漁で魚が捕れなくなったときに、餌がなくなることを防ぐため。
3つ目、イルカ達も魚の好き嫌いがあるように感じるので、
「次、どんな魚が食べれるのだろう」といったような、
わくわく(期待感)を持ってもらえたらいいなと思って、種類を豊富にそろえています。

 

 

そして、アイル。
最近少しずつですが、魚を食べています。

種類は、小さいニシンをさらに小さく切ってあげています。
ニシンは身も骨も柔らかく、アイルのために購入した魚です。

 

 

食べている量はまだ0.5kgくらいで、ナミやニーハに比べるとほんの少しですが、
大きくなる為に食べるのもトレーニングだ!と、
私も小さいときに言われた親の気持ちがわかる今日このごろです。

 

P.S.

佐世保は最近暖かく、心地の良い春らしい日が続いています。
パール・シーリゾート周辺の桜は、満開を過ぎたように感じます。
今回、アイルに与えている魚として、紹介したニシンですが、
別名“春告魚(はるつげうお)”とも呼ばれています。
由来は、春になると大群で浅瀬に押し寄せ、産卵する様子が、
春の訪れを告げる北海道の風物詩となっており、
それが名前の由来と言われています。
何とも風情のある魚です。