アーカイブ

さぶたいとる

2019年12月18日(水曜日)

ナミとニーハとおもちゃとアイル

九十九島水族館では、イルカ達にトレーニングやプログラム以外の時間を楽しく過ごしてもらえるように“おもちゃ”を作成しています。

このイルカ専用のおもちゃはトレーナーの手作りで、お客様やイルカ達に危険がないように作成しています。

イルカ達が遊びたくなる・お客様が見ていて楽しいと思っていただけるようなおもちゃ作りを心がけています。

おもちゃで使用しているフロートなどは、推定14歳のナミとニーハが飲み込まない大きさの物を入れています。

去年生まれたアイルに合わせサイズで作成してしまうと、ナミとニーハには小さいため飲み込んでしまったり、
プールの外へ飛ばしてしまい、お客様やスタッフが危ないので入れていません。

生まれた当初は、アイルをビックリさせないように、ボールやフロートと短いホースなどで出来たおもちゃなどから入れました。

ナミとニーハには子育ての合間のひと時に、ゆっくりする以外にも、おもちゃで遊ぶという選択肢を提供したかったからです。
(子育てに影響が出ないよう注意しました。)

1歳になったアイルは、ボールを咥えて泳いだり、黄色い浮きとホースでできたおもちゃを咥えて遊んだりできるように、
体の成長と共に遊びのバリエーションも増えてきました。

しかし、そんなアイルがまだ慣れないおもちゃがあります。それは、塩ビパイプを使用しているおもちゃです。

このおもちゃ、実はナミとニーハには大人気!

ナミとニーハがこのおもちゃで遊んでいるときは、

おもちゃの動向を伺いつつ、ニーハのお腹の下に隠れたり、おもちゃと離れた場所で遊んでいます。

トレーナーの心境としましてはとても複雑。ナミとニーハには楽しい時間を提供したい!けど、アイルには気の毒。

アイルには申し訳ありませんが、1日でも早く慣れてくれることを期待して、今日もプールに入れています。

おもちゃは30種類くらいあり、怖いおもちゃばかりを入れている訳ではありません。

もちろん、大好きなおもちゃもあります。それは、エイの形をしたおもちゃです。
製作者いわく“マンタ(正式和名:オニイトマキエイ)”らしいですが、魚類担当のスタッフが見たら、なんともいびつ。
ヒレがトビエイのようだとか、尾部が変とか、多めに見てください。アイルはそんなエイのおもちゃが大好きで、
水流に流されるエイに引っ付いて泳いだり、咥えて一緒に潜ろうとしたり、様々な行動が見受けられます。
海洋生物を模したおもちゃは他にもありますが、それは是非来館されたときに見ていただけたら幸いです。

 

追記~スタッフが撮った奇跡の1枚~

仕事中に館内を歩いていると、生き物の写真を撮っているお客様がたくさんいます。

めちゃくちゃかわいい写真を撮っていただきたいです。

そして全国に当館の生き物の良さを広めていただけると嬉しいです。

私たちも頑張ります。カメラの勉強頑張ります。

そして今回は、「素敵な写真」を撮りました。

(撮ったつもりです笑)

見てください!

 

 

カメラ素人ながらキュートな写真が撮れたと思っています。

水中にカメラだけを入れて撮影しているので、構図や明るさはもちろんオート!

また機会があれば、飼育員しか撮れない写真をちょこちょこあげていきたいと思います。

お楽しみに!