アーカイブ

さぶたいとる

2020年2月5日(水曜日)

大きな一歩

2020年になり、早くも一ケ月が経ちましたね。

昨年のことのご報告になりますが、2019年最後の最後に個人的にとっても嬉しい事があったので、この場をお借りして報告させていただきたいと思います!

実は、昨年末からアイルのサイドランディングのトレーニングを始めていました。サイドランディングとは、イルカがお腹を横に向けてステージにあがる種目です。この種目ができると、海水が混ざらずに尿や便を採るトレーニングをすることができ、海きららでは主に健康チェックの目的で行っています。ナミとニーハはトレーニングで尿や便を採取し、定期的に検査を行っています。アイルは治療を行っていた頃は、治療中にトレーナーが保定して採取していました。しかし、昨年11月で無事にアイルの治療も一息つき、尿や便を検査する機会が少なくなってしまいました。そこで、尿や便の検査を行う第一歩として、サイドランディングのトレーニングを始めました。

 

基本的に、トレーニングを始める時には、どのようにそのトレーニングを進めていくのか大まかな計画をたてます。今回、アイルのサイドランディングのトレーニングでは、大きく2つのステップに分けました。ステップ1では、アイルに水中で横向きになってもらいます。ステップ2では、水中で横向きの状態のまま少しずつステージに上がってもらいます。(ちなみに、実際はもっともっと小さなステップがたくさんありますが、今回はわかりやすく2つのステップで説明します。)

 

ステップ1は比較的すぐにアイルも理解できるようになりました。ところが、いざステップ2に移行すると途端にトレーニングが進まなくなってしまいました。アイルが横向きではなく、お腹を下にして上がろうとしてしまうのです。焦っても仕方がないことは百も承知なのですが、病気の早期発見の為にも早く健康チェックのできる項目を増やしたい・・・と葛藤する日々。どうしたらアイルに伝わるのかと考えた結果、アイルが少しでも横向きに上がろうとする小さな行動を見逃さないようにして、たくさん褒めることにしました。トレーニング中のアイルの様子を見ていると、アイル自身もどうしたらいいのか一生懸命考えているように見えたので、大きくやり方を変えずにトレーニングを進めようと考えました。そして、ついに昨年末・・・サイドランディングができるようになりました!!!

 

 

まだできるようになったばかりでステージに上がりきれていませんが、トレーニングがうまく進まない期間が長かっただけに、初めてサイドランディングができた瞬間はとっても嬉しかったです。

尿や便の検査のための大きな一歩を踏み出しました!そして、すでに尿や便を採るためのトレーニングも開始しています。トレーニングでアイルの尿や便が採れたら、またイルカ日記で報告させていただきます!

皆様、これからもイルカたちの応援をお願いします♪